【FX】移動平均線。グランビルの法則を考えよう。

【FX】経験談&ワンポイント

どーも!葵ちゃんです。(@aoichanfx)

僕の相場環境認識でないといけないもの。それは移動平均線です。質問がきていたので、今日はその移動平均線をどう使っているのか説明しようかなと思います。

移動平均線。グランビルの法則を考えよう。

まず初めに移動平均線とは?

【移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。その日を含めた過去何日間(または何週間)かの価格を毎日計算するため、平均値が移動していくことから、移動平均と呼ばれます。
代表的なテクニカルチャートのひとつで、価格の傾向や流れなど、相場の方向性を見る手掛かりとなります。現状の株価や為替などの価格を表すローソク足と組み合わせて、売買のタイミングを計るときに使われます。ただし、過去何日間(または何週間)の平均を取っているので、実際の価格の動きよりも遅くなります。】

だそうです。移動平均線とは?で検索したら出てきました笑 まぁ読んでみるとわかると思いますがそのまんまですよね。
ちなみに僕は単純移動平均線(SMA,Simple Moving Average)を使っています。

グランビルの法則

こちらがグランビルの法則です。これもグランビルの法則で検索するとよく出てくる画像ですよね。この辺のことは検索すればいくらでも出てくるので、いまさら説明する必要もないですかね。

移動平均線で何を見ているの?

ここからが本題です。移動平均線とグランビルの法則はわかったけど、どうやって使いこなすの?ってことなんですが、僕は4時間足を軸にトレードをしていますっていつも相場環境解説で言ってますよね。それとグランビルの法則を使ってるって。
で、その4時間足で何を見てるの?ってことなんですが、押し目買い、戻り売りポイントを見ているんです。
僕の手法?トレード方法はトレンドフォローなので軸にしている4時間足のトレンドに乗っていくことをしています。じゃあそのトレンドに乗っていくにはどうするの?って話ですが、4時間足の押し目買いポイントで買う。戻り売りポイントで売る。それだけなんです。
その押し目買い、戻り売りポイントを判断するのに移動平均線を使っています。
判断の仕方はこんな感じです。

角度のついている移動平均線にローソク足が絡んできたところが押し目買い、戻り売りポイントという判断をしています。
チャートで見てみるとこんな感じです。

僕は4時間足を軸にトレードをしているので、こんな感じで押し目買い、戻り目ポイントだなというのを判断しています。

移動平均線の使い方

僕は移動平均線=波という考えで見ています。トレードも波の始まりから入って波の終わりで決済という考え方です。

図にするとこんな感じです。上位足の方向に黄色でエントリー、緑で決済。黒の〇は波の途中になるので入りません。また黒の線の部分は上位足の方向に逆らっているので入りません。

チャートで見てみるとこんな感じです。

どうですかね?何となくへー!そうなんだ?って見えてきましたかね?

さらにこちらは普段僕が解説で使っているチャートです。

どちらもユーロドルの1時間足チャートですが下のチャートはローソク足を消してみました。上位足(ピンク移動平均線)の方向に波の始まりから終わりまで取るイメージです。

まとめ

という訳で、質問が来ていたこともあり簡単にですが移動平均線の解説をしてみました。簡単なようで、日足から5分足まですべてこの波と方向があるわけで、その中でリスクを考慮しつつ波を拾っていくので、更に掘り下げたらもっともっと説明しないといけないところがあるんですが、僕が相場環境を見るときにざっくりこんな感じで見てますよっていう説明でした。
また僕の移動平均線の設定(期間)はこちらを参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓
・移動平均線の設定(期間)

では( `・∀・´)ノ

コメント 気軽にコメントください。

タイトルとURLをコピーしました