【魚釣り】シーバスはシンペンが楽しいよ!!

魚釣り

どーも!葵ちゃんです。(@aoichanfx)

タイトルの通り。今日は釣り!シーバス!シンペン(シンキングペンシル)で釣ると面白いよってお話。

シンペン?いや無理無理!あんなの釣れる気しないよ。泳いでるかどうかもわかんねーし。

速く巻けばすぐに浮いちゃうし。なんだかわかんねーよ!面白くなねーよ!

って思っている人!?少なからずいると思うんです。

なぜなら僕がそうでした。

なんだよこのくそルアー。こんなんで釣れるか!ボケ!みたいな・・・・。

それが今じゃシンペンおもしー!もうシンペンなくちゃだめだ!シンペンじゃないと!はぁはぁ(*´Д`)シンペン!シンペン!わっしょい!わっしょい!みたいな感じです。

 

基本的には、バイブレーションかミノーしか使わなかった僕の釣りですが、理由として、巻き心地最高!ルアーが泳いでいる感じが最高!釣れる気満々!

シンペンとは真逆ですね。そんな理由から バイブレーションかミノー しか使いませんでした。

僕の釣りをするエリアは遠浅で磯場で海藻のジャングルみたいなところが多く、満潮から入っても潮位が80くらいになると、海藻が水面から出てきてしまい釣りにならないようなところです。

ど干潮の時なんて、こんなところで釣れるわけねーだろ!こんなところで釣りする奴はアホだろ!って言われちゃうようなところなんです。

こんなとこ↓ ↓  ↓ ↓   ↓ ↓  

そんな場所だから、捕食のためだけに入ってくるやる気のあるシーバスしかいないから釣りやすいっていうのもあるんですが、

釣りができる時間も限られるし、ミノーなんかは一定の水深を泳ぐので奥のスリットを通したくて投げても、手前の出てる海藻通過できなくて、根掛かりさようなら・・・。

みたいなこともよくあるんです。

そしてミノーの悪いところ?として一定のスピードを出さないと泳がないという事。

奥のスリットをねちねち攻めたい、でもそれなりに巻かないと泳がないミノー。

なんだかバランス悪いよね。

ってなりまして、その当時はくそルアーだと思っていたシンペン。

どうせいらないしとスリットの中にぶち込んでユラユラさせていたらあたりが連発。

手前の浮いている海藻も竿立てて巻けばシンペンはすぐ浮くから回避できる。

なんだこれは?なんなんだこれは?根掛かりしてなくなってもいいし、いらないから投げただけなのにめちゃ釣れるやん!!ってことがきっかけでシンペンが好きになったんです。

 

では最初に書いたシンペンの嫌なところ

泳いでるかどうかもわかんねーし。 速く巻けばすぐに浮いちゃうし。なんだかわかんねー!

ってところの改善方法なんですけどね。

それはシンペンが泳いでいる姿を見るんじゃねー!!!です笑

明るい時間帯に見るから釣れる気しないし巻いてる感じもしないんです。

では、どうするかといいますと、夜中に使おうです。

夜中って手に伝わる感覚しかわからないですよね。

そうすると、何故か流れがあるなぁ、流れ抜けたなぁ、あ!何かに触ったな!

って昼間は感じる事の出来なかったことが感じるようになります。これマジです!

ここまでくればもう釣れます。

巻き抵抗の少ないシンペンだからこそあたりの出方が面白い!

金属のようなガキーン!!ってあたりが明確にわかります。

 

というわけで、苦手だったシンペンが好きになってしまったというお話でした。

そしておすすめのシンペンはこれ。よく釣れます。よく飛びます。

では( `・∀・´)ノ

 

相場から利益を上げる22の技術
タイトルとURLをコピーしました